活動報告

『栄養改善事業推進プラットフォーム発足記念セミナー~途上国での栄養改善事業展開 に向けて~』開催報告

実施日時

2016年9月21日

場所

JICA研究所(東京都新宿区)

参加者

企業、大学、研究機関等から約160名

プログラム

13:30 – 13:35
開会挨拶
一般財団法人食品産業センター 理事長 村上 秀德

第一部 栄養改善事業推進プラットフォーム ~途上国食品ビジネスの新たなツール~

13:35 – 13:45
栄養改善に係る国際的な動向
外務省 国際協力局 国際保健政策室 経済協力専門員 網島 由香理
13:45 – 13:55
栄養改善事業推進プラットフォームの仕組み
内閣官房 健康・医療戦略室参事官 岡島 洋之
13:55 – 14:05
国際的な動向を踏まえた我が国の食品産業への期待
農林水産省 食料産業局 企画課企画官/栄養改善国際展開タスクフォース事務局長 大屋 洋子
14:05 – 14:15
マルチステークホルダー連携による栄養改善ビジネス展開事例
味の素株式会社 研究開発企画部 新事業開発グループ シニアマネージャー 取出 恭彦
14:15 – 14:25
栄養改善に係るジェトロの関連事業について
独立行政法人日本貿易振興機構(JEdlO)
ビジネス展開支援部 途上国ビジネス開発課長 石原 圭昭
14:25 – 14:35
栄養改善に資する国際協力 -プラットフォームを通じた新展開の可能性-
独立行政法人国際協力機構(JICA) 人間開発部長 戸田 隆夫
14:35 – 14:45
~休憩(10分)~

第二部 栄養改善事業プロジェクト第1弾~ASEANにおける「職場の栄養食」~

14:45 – 14:55
世界における「職場の栄養改善」の位置づけ
-NJPPPに期待すること-(ビデオメッセージ)
GAIN & SUN Business network
14:55 – 15:10
バングラデシュにおける先行事例
BSR 日本ディレクター 永井 朝子
15:10 – 15:20
バングラデシュにおける先行事例 ~実施企業の視点~
株式会社ファーストリテイリング ソーシャルマーケティングチームリーダー 岡田 恵治
15:20 – 15:35
インドネシアにおける展開(2020年までの取り組み、本年度の計画)
一般財団法人 食品産業センター 海外室次長 山口 隆司
15:35 – 15:50
カンボジアにおける栄養状況と協力可能性
独立行政法人国際協力機構(JICA) 人間開発部次長 渡部 晃三
15:50 – 16:10
質疑応答・閉会