イベント情報

『栄養改善事業推進プラットフォーム研修会 -栄養改善ビジネスモデルの構築による食品産業の海外展開に向けて-』のご案内

セミナー概要

世界で約8億人が栄養不良状態にあり、栄養不良は、知的・身体的能力低下を招き、世帯所得が減少し、経済発展の妨げとなっています。こうした中で、我が国は、学校給食や栄養教育などの優れた栄養政策により栄養不良の時代を乗り越えてきた歴史があり、世界に誇れる栄養改善に関する官民の知見を有していることから、途上国における我が国の国際的な栄養改善の取組が期待されています。

これから経済が発展していく途上国・新興国ではボリューム ゾーン、もしくは次の中間層となりうるネクスト・ボリュームゾーンと呼ばれる圧倒的多数の中・低所得者層の経済的向上が見込まれ、将来の有望な市場として各国企業の期待を集めています。 

このため、栄養改善ビジネスモデルの構築を図り、日本の食品事業者等の途上国における栄養改善事業のビジネス展開を支援するとともに、国際的な栄養不良問題を持続可能な形で解決することを目指し、途上国・新興国における栄養改善事業を官民連携の下、推進しています。

この一環として、食品産業センターでは、栄養改善分野の海外進出に必要な知識、ノウハウ等に関して研修会を開催いたしますので、食品関連の海外市場への事業展開にご関心のある皆様のご参加をお待ち申し上げます。

名称
栄養改善推進事業プラットフォーム研修会
-栄養改善ビジネスモデルの構築による食品産業の海外展開に向けて-
開催地
大阪、福岡、東京

1.大阪会場

日時
【実施済み】
2017年2月3日(金)
13:00~16:30
場所
TKP新大阪ビジネスセンター
プログラム

第一部 セミナー

  1. 途上国・新興国の食品市場(仮題)(JETRO)
  2. 栄養改善分野の制度等海外進出にあたっての留意点(食産センター)
  3. 国際協力機構(JICA)の民間連携事業(JICA)
  4. 栄養改善分野の取組を行う先進食品企業の経験(食品企業)

第二部 交流会・相談会
講師:JICA、JETRO、食産センター他

2.福岡会場

日時
【実施済み】
2017年2月24日(金)
13:00~16:30
場所
TKP博多駅前シティーセンター
プログラム
大阪会場に同じ

3.東京会場

日時
【実施済み】
2017年3月13日(月)
13:00~16:30
場所
国際機関日本アセアンセンター
プログラム

第一部 セミナー

【開会】

  1. 栄養改善事業プラットフォームと海外進出にあたっての留意点 (仮題)(食品産業センター)
  2. BOPボリュームゾーンビジネス支援サービス-ミャンマーの支援例を中心に (JETROビジネス展開支援部途上国ビジネス開発課クン・トゥーレイン氏)
  3. 国際協力機構(JICA)の民間連携事業(JICA)
  4. 栄養改善分野の取組を行う先進食品企業の経験 (食品企業)

第二部 交流会・相談会
・JETRO、JICA、食品産業センター、参加企業等

【閉会】

募集要領

募集人数
各会場50名程度
募集対象
栄養改善事業に関心を有する食品企業等
申込締切
定員になり次第締め切らせていただきます。
参加費
無料
主催
(一財)食品産業センター(平成28年度農林水産省補助事業)
アクセス先URL
http://www.shokusan.or.jp
申込方法

下記申込書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入のうえ申込書に記載のFAXもしくはメールアドレスまでお送りください。

お問い合わせ先
(一財)食品産業センター海外室 小平・櫻井
〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル3階
TEL: 03-3224-2386
E-mail: kaigai-shin@shokusan.or.jp