イベント情報

セミナー『CSV(共有価値の創造)経営と栄養改善ビジネスの展開に向けて』のご案内

セミナー概要

 2011年に提唱されたCSV(共有価値の創造)は、企業の事業活動を通じて社会的課題の解決に貢献することで、企業の持続的な成長を図りつつ、社会的価値を生み出すという経営戦略です。

CSR(企業の社会的責任)に比べ、本業により近い形での戦略的展開を目指すものと認識されています。栄養改善分野においても、持続可能なビジネス展開を考える上で、CSVの概念はますます重要になりつつあります。

一方、先日東京で開催されたUHC(ユニバーサルヘルスカバレージ)2017ハイレベルオープニングセッションにおいて、安倍総理大臣が「2020年、日本は人々の健康の基盤となる栄養分野の取組を促進するため、

東京で栄養サミットを開催します。」と宣言したことを受け、今後、栄養改善分野での具体的な活動が一層活発になるものと思われます。  

この度、食品産業センターでは、栄養改善ビジネスの国際展開支援事業の一環として、CSVに基づく経営と栄養改善ビジネスモデルの構築に資するよう、専門家にご登壇いただくとともに、参加者同士の意見交換を行うセミナーを開催します。ご関心のある皆様のご参加をお待ちしております。

日時
2018年2月20日(火)
13:30~16:45
場所
TKP赤坂駅カンファレンスセンター
プログラム

【開会】

第一部 セミナー

  1. 日本の食品関連企業に適したCSV事業モデルおよび評価モデルの構築(三菱総合研究所 氷川 珠恵 氏)
  2. アフリカにおける食品企業の栄養改善事業のインパクト評価(東京大学大学院 櫻井武司 教授)
  3. 民間が取り組む栄養改善事業 事例紹介1(味の素ファンデーション 栗脇 啓 氏)
  4. バングラデシュでの緑豆事業の展開について(株式会社ユーグレナ 佐竹 右行 氏)

第二部 グループディスカッション・質疑応答

【閉会】

募集要領

募集人数
90名程度
募集対象
途上国・新興国での栄養改善事業に関心を有する民間企業等
申込締切
2月19日(月)※定員に達し次第、締め切ります。
参加費
無料
主催
(一財)食品産業センター(平成29年度農林水産省補助事業)
申込方法

下記申込書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入のうえ申込書に記載のFAXもしくはメールアドレスまでお送りください。

CSV経営と栄養改善ビジネスの展開に向けてセミナー2.20

お問い合わせ先
(一財)食品産業センター海外室 山口
〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル3階
TEL: 03-3224-2337
E-mail: njppp@shokusan.or.jp